すごいニッチ手稿

この報告いる?

週記9/9-/9/15 恐るべき副反応

コロナワクチン2回目を摂取し、今日は様々な副反応に見舞われた。

まず、接種後すぐに「からあげとお刺身が食べたい」という不可解な衝動に駆られた。副反応は2回目の方がキツいと聞いていたが、予想より発症が早い。急いで掛かり付けのマグロ無人販売所を漁ったあと、コンビニで揚げたてのからあげを処方して貰い事なきを得た。

摂取から5時間後、グラブルが突然バレンタインキャラの復刻を開始するやいなや、自分の体温が急上昇するのを感じた。これは副反応の典型的な症状に違いなかった。最初は「少し体が熱いかな」という程度だったが、丁度ガチャを回してSSRが0枚の辺りから更に体温が上がり、終には床に伏せてしまっていた。

しばらく経って、体温が落ち着いて油断していると、副反応により持病の突発性アパラチア核ミサイル発射症候群が合計3回も現れたので、明日は一日安静に過ごそうと思う。





(つぶやき廃棄所)
お菓子『ポッキー』の、ヨーロッパでの商品名は「mikado(帝)」という。
pockyという名前はpox(水疱瘡)を彷彿とさせるため変更された。由来は、ミカドというボードゲームのアイテムがポッキーぽいから。

サランラップ』は、元々火薬を湿り気から守るためにアメリカのダウ・ケミカル社が開発した。

同社の技術者2人の妻が、ピクニックの際にレタスを包んだのがきっかけで食品向けに販売されるようになった。その妻二人の名前が「サラ」と「アン」だったのが、商品名の由来である。


『タッパーリスナー実験』は、以心伝心の難しさを示す心理学実験である。

被験者Aは有名な曲を机を叩いて演奏する。被験者Bはそれを聞いて、何の曲かを当てる。

曲を変え何度か繰り返し、実験者はAに「Bの正答率は何%だろうか」と尋ねると、「50
%ぐらい」と見積もったが、実際には5%だった。


『名残(なごり)』という言葉は、「波残り(なみのこり)」が省略されて出来た。波残りとは、波が引いた後に残る藻屑や海水のこと。

『Yahoo』の名前は、ガリバー旅行記で、ガリバーが最後に訪れた国に住む蛮族の種族名「ヤフー(ならず者)」から付けられた。その国は、馬達が統治しており、猿のヤフー達のアホアホな振る舞いに辟易していた。ガリバーはその国で馬と仲良くなるが、最終的にヤフー認定され、馬コンプレックスに陥る

週記9/2-/9/8 高難度ジレンマ

9/9 延期した古戦場予選

9/10 古戦場をせず、Fallout76に浸る

9/23~9/27 Fallout76のEXP2倍期間


 最近のグラブルは色々心配だけれども、なんとなく楽しい。キャラ性能がインフレし、神石編成であれば無理なくベルゼバブをソロ討伐出来るようになった。アストラルウェポンが5凸に変わっていく。ゲーム攻略が進んで嬉しい。


(バブソロの様子)

f:id:omochic:20210909040937j:plain

 次はベリアルHLをどうにかしたい。しかし、今年実装したエンドコンテンツのソロ討伐はちょっときつい。かといって、野良5人とマルチプレイするのは嫌なんで、身内のペア討伐ぐらいで倒したいところ。



ただ、本質的には

・高難度マルチに6人で挑みたい

・他人と交流したくない

というジレンマを解決しなくてはいけない。そして、このジレンマを抱えている、自分と似たようなプレイヤーは結構居そうな気がする。彼らはどこに居て、どう探せば良いんだろうか。


 



(つぶやき廃棄所)

十三日の金曜日のジェイソンはチェーンソーを使ったことがない/

『ピクニック』は野外での食事を楽しむことで、『ハイキング』は歩くのを楽しむこと/

『つるふさの法則』はロシアの歴代トップ達の毛髪が、薄毛とふさふさを交互に繰り返している謎の法則である/

『ドレス効果』は”着ている服装が自身の心に影響を与える現象”を指す心理学用語。警察官や消防隊員は制服を着る事で自身の勇敢さにバフが掛かるという。悪く作用すると、スタンフォード監獄実験みたいになったり、車のハンドルを握ると性格が荒っぽくなって煽り運転とかして死ぬ/

『白書』は政府が国民に向けて発行した正式な刊行物のこと。つまり、幽遊白書は政府の陰謀/

『タラバガニ』は、鱈の漁場で捕れることから漢字で「鱈場蟹」と書く。ヤドカリの一種/

 

週記8/26-/9/1 ワクチンラリー

コロナの1回目ワクチン接種に行ってきた。

注射後の経過観察のあいだ、スマホをいじるでもなく、風通し良い体育館で淡々とすすむ接種の列を遠巻きにぼーっと眺めていた。年代も服装もバラバラな人々が秩序だって整列している様は、新しい夏の光景に思える。

 

ワクチンに賛否両論あるのは分かる。

現代人は、得体のしれない薬品を注射されてミュータントパワーを得る作品を観すぎている。単純に体がでかくなってストレングスが上がるだけならまだしも、頭が割れて殺人寄生生物がダンスを踊ったり、理性を失って暴走した挙句、最愛の人物をこの手で殺めてしまうタイプは良くない。自分はこれまで何度もそういう悲しいモンスターたちを

手にかけてきた。ショットガンとか、ネイルハンマーで・・・。

悲しみは分かる。

 

だが、自分はコロナ祭り参加記念のバイオ・スタンプラリーと捉えて摂取した。夏休みラジオ体操のスタンプカード代わりが自分の肉体で、抗体と副反応というスタンプを押して貰いに行ったにすぎない。そこに賛成も反対も無く、このコロナ引きこもり大肯定フェス期間に自分は居たという証を得たのだ。

副反応も覚悟で臨んだけれども、接種後に皮膚が鱗になったり腕三本になったりせず、平熱で過ごせてよかったよかった。九月中旬の2回目接種でひとまずはコンプというところ。体調を整えていこう。

 

 

『わたしは人間だ!信じてくれ!

 そ、そうだ!信号機がある画像を全てタッチしてみせよう!

 ここと!ここと!ここだろう!?どうだ?見てくれ!』

彼は、血走った目で国語辞典の文字列を必死に指さしながら言った。

 

 

 

 

(つぶやき廃棄所)

オリンポス山』は火星にある"太陽系で一番高い山"で、標高24700mと、エベレスト3つ分ぐらいある。/

エアフォース・ワン/Air Force One』はアメリカ大統領が搭乗する空軍機の呼称。 大統領専用の機体があるわけではなく、どの空軍機であっても大統領が乗っていればエアフォース・ワンというコールサインが用いられる。/

『ややこしい』は、「ややこ(赤ちゃん)」が形容詞化したもの/

ムッシュビバンダム』は、フランスのタイヤメーカー「ミシュラン」のマスコットキャラクター。ーー体はタイヤで出来ている。 今でこそ愛らしい姿ではあるが、初期の姿にはscp的な恐ろしさがある。/

宇宙服1着の値段は10億5000万円。この内、9億5000万円は生命維持装置の値段。/

『デカ』は「クソデカ」の略で、これはもともと犯罪者の間で”刑事”を指して言う隠語だった。明治時代の刑事たちが着ていた角袖(かくそで)のアナグラムである。/
 

週記8/19-8/25 ルーンナイフ畑

グラブル-8/20アプデ

†ルシファー† †ベルゼバブ† ♂ベリアル♂

おお!グラブルの厨二心三銃士達よ!非常に手のかかる失楽園生さん達よ!

此の更新でお前達はもはや攻略の道端に咲いた三輪のイケメンではいられなくなった。国道のど真ん中に聳える三本の暗黒巨木と成り果てたのだ!まとめブログでの阿鼻叫喚、あの対岸の火事はいよいよ私の家を焼き、ついには私の一張羅にさえ燃え移ろうとしている!嗚呼!運営よ!もはやウーノに面白スキルを与える力さえ失った哀れな運営よ!000勢と十天衆の繋がりってそんなに無くないか!呪われてあれ!180秒の間呪われてあれ!(消去不可)

 

ついに我々は失楽園生さん達から逃げられなくなった。受け入れよう。

これからは高難度クエスト周回の時代がやってくる。全て無属性のボスなので属性の縛りが無い。おそらく、今後実装されるスーパーアルティメットバハムートもアルバハの前例をみると無属性だろうと思う。

属性の指定がないのであれば、自分の一番強い属性を使えば良いという事で、色々な神石編成に手を広げるよりも、得意な属性1つにひたすらリソースを割いて廃課金勢クラスまで仕上げた方が攻略がしやすい。単純に強力な編成で挑めて楽に倒せるうえ、廃人が上げた攻略動画をまんま転用できるので情報面でも強い。

とりあえずベルゼバブを一人で破壊しよう。

 

あなたは、燃え盛る麦わら帽子とオーバーオールに別れを告げた。そして、二度と着るまいと、昔クローゼットの奥々へ仕舞っていた黒装束に身を包んだ。これから刈るのは雑草ではなく堕天使どもの首なのだ。あなたは彼らを正しく肥溜めに叩き落とすトーメンター、すなわち地獄農家と変貌を遂げた。小麦とトウモロコシの毎日は終わり、巨獣骨とクロッシングレイで飢えを満たす日々が始まったのだ・・・。

 

 

 

(つぶやき廃棄所)

『ルンバ』は紛争地域の地雷除去ロボットが、家庭用お掃除ロボットに生まれ変わったもの。/

"非行に走る"意味の『グレる』の語源は、"道理から外れる"意味の「ぐれはま」という語から来ている。 さらに、ぐれはまは、"正しい順序でないと結果が出ない"意味の「ぐりはま」が訛った形であり、ぐりはまは「ハマグリ」を順番違いに読んだもの。/

『しゃっくり』の世界最長記録は68年で、アメリカのチャールズ・オズボーンさんが1990年に達成(終了)した。 人生の大半を謎のしゃっくりと共に過ごしたが、1990年の6月5日に突然治まった。/

マンデラ・エフェクト』は、"不特定多数の人々が誤った記憶を共有する現象"を指すネットスラング。 「南アフリカの政治家ネルソン・マンデラさんは1980年代に獄中死した」という誤った記憶を持った人々が大勢居たのがきっかけで広まった。

ビックカメラ』のビックは、インドネシアスラングBic(大きい)」から来ている。 英語の「Big」と異なるのは、Bicは物理的な大きさに加え、内面も大きい事を指すらしい。/

「北東」は北と東の中間で、 「北北東」は北と北東の中間で、「北東微北」は北北東と北東の中間。/

週記8/12-8/18 夏の不平等実験

今年のグラブルは嵐の夏 サマーフォーチュン

当選番号発表から詫び3等配布までの26時間はとても濃厚だった。

今年のグラブルの新要素はガチャキャラぐらいしか無かった。夏の生放送もイマイチ盛り上がらず、楽しさへの飢餓状態にあるプレイヤーに射幸心ドラッグを振舞う地獄運営にふるえたね。

兵糧攻めされた人達に秀吉はお粥を振舞ったが全員死んだ。ナンデ?」

「半数にだけスシを与えるべきだった」

運営「正解です」

 

www.ted.com

オマキザルの実験を思い出した。

2つのオマキザルのケージを並べ、片方には餌として美味しいキュウリを、片方にはより美味しいブドウを与えたところ、キュウリ側のサルは不服を申し立て、しまいには飼育員に対してキュウリを投げつけてしまう。面白いのが、隣にブドウを貰うサルさえ居なければ、嬉々としてキュウリを食べるところ。隣のブドウはおいしい。

 

恐ろしい事に、TwitterSNS)を使えば無限個のケージを自分の隣に並べられる上に、今回のはキュウリとブドウどころか、金額でいえばうまい棒と黒毛和牛よりも更に酷い格差だった。運営の清々しいド畜生っぷりには逆に好意を抱いてしまうが、やはり炎上もやむなしで、火消しには3等配布しかないのも頷ける。

 

今回無料配布された内容は、3000円の周年サプチケよりも格段に良いので、そこの辻褄をどうするのか気になる。リミ武器はともかくサプ不可石まで3等に入れていたのは、もしかすると、天司シリーズやプロヴィデンスシリーズがまもなく天井可能になるのかもしれない。

 何はともあれ、サイゲームズの身を切った社会実験を受けて、平等や公平について深く考えさせられた。道徳とメタトロンをありがとう。グラブル

 

ちょっと気になったのが、ブドウ側のサルって、わざわざキュウリ側にブドウ自慢しないよな。この自慢や煽りっていうのは人間特有なのか気になる。

 

カリオストロの謎-効果文の読み方ガイド

①まず1アビ『アルス・グローリア』の性能を熟読する

サポアビ2つの効果文を熟読する

③2,3アビと奥義の文を読む

ちぐはぐな点を2つ見つける

xn--bck3aza1a2if6kra4ee0hf.gamewith.jp

⑤光シヴァの性能を見る

 

 

(つぶやき廃棄所)

『紙芝居』は日本特有の文化で、他国には無い/

囲碁』は白vs黒の陣地取りゲームで、碁盤に引かれた縦横線の交点をより多く囲い込んだ方が勝者となる。 この交点の数の単位を「目(もく)」といい、「岡目八目」は"ゲームを傍から見る人には8目多く陣地を取る方法が見える"という意味/

ムンクの叫び』は、エドヴァルド・ムンクさんが書いた「叫び」というタイトルの絵で、中央の人物は別に叫んでおらず、自然を貫くような大きい叫び声から耳を塞いでいる。 好評のためリメイクされ、結構なバージョン違いがある/

アワビは巻き貝/

カッターシャツ』は「ワイシャツ」の別名で、スポーツ用品メーカーのミズノがワイシャツを売る際、「勝った」という縁起の良い言葉を名前につけたのが由来/

黒板を引っ掻いた音が不快なのは、周波数が猿の悲鳴に近いから/

週記8/5-8/11 古事記の解説書を読んで

内容を理解するのに五夜かかり、衝撃の真実を受け入れるのに五夜かかった。

 読み始めはトンデモ本B級映画を楽しむように、へんてこなシーンにツッコミを入れつつ気楽にぱらぱらと読み進めていたが、終盤において全容を把握したころには、もはや青色吐息の読書体験であり、大量のカフェインを用いて流し込むようにページをめくっていた。古事記は、日本人たちのおそるべき3つの起源を物語っている。

 

①ROCK

古事記には一見不合理に思える箇所が複数ある。

戦闘態勢に入ったアマテラスは何故か太腿まで地面に埋まるし、スサノオは尻から皮をむいた馬を織物小屋へ投げ込む・・・。

 AIである君には難しいかもしれないが、人間世界には「ROCK」という概念が存在する。これについて「昔のなんて非合理なことよ」等と切り捨てたり、「実は昔の日本ではこういう理由が有って・・・」などと合理化を図るべきではないのだ。

現代社会においても、音楽のためにギターを破壊したり、小動物の血を啜ったり、蛇の毒を体に注入したりする。これらは非合理な行動だが、ROCKあっての所作である。また、ロックシンガーがステージ上でギターの弦に齧りついているのを見て「現代日本人は慢性的に鉄分不足のため、おそらく弦から鉄分を摂取している」等と理由付けるのは、あまりに機械翻訳的で、ROCKを欠いた解釈と言わざるを得ない。

神々の行動についても同様である。合理性のみで解釈し「マジキチ」などと一笑に付すのは簡単だが、それは外面のみで本質を欠いている。彼らのROCKを感じなくてはならない。そして、我々の起源がPOPではなくROCKだという真実から目を背けてはならない。

 

パリピ

天の石屋戸にアマテラスが引きこもった際、八百万の神々がオモイカネノカミに解決策を打診したところ「引きこもりを部屋から出したい?ダンス・パーティっしょ!(コケコッコー)」という意味不明に陽キャ前回な作戦を提案し、八咫鏡八尺瓊勾玉を作成する。三種の神器のうち二つがパーティグッズだという真実。結局、アマテラスはパリピパンデモニウムの熱狂ダンスフロアのノリに感化され石屋戸から出て来たことで、作戦は成功する。

 

また、神武天皇ヤマトタケルノミコトも、パーティ中の不意打ちで戦果を上げており、ヤマタノオロチも酒をふるまわれ殺された。これらは「パーティが嫌いな者はいない」という前提もと構築される、恐るべきアンチ・パリピ・タクティクスである。この戦法の存在は、逆説的に当時パリピが広範囲に生息していた事実を示唆している。

 パリピ祖先を受け入れることは難しい。自分の祖先は大きめのダンゴムシであり、日陰から日陰へうにうに動くのが生涯の糧だとばかり思っていたが、実際には脳内麻薬爆発の陽キャ集団の血を引いており、冷静に考えればアマテラスは太陽の神だった。

 

③バーバリアン

それも、ただのバーバリアンではない。

 恐怖のアグロ・シャーク・バーバリアンである。

アグロ(Aggro)とは短命かつ攻撃的な戦闘スタイルを指すゲーム用語だが、コノハナサクヤビメとイワナガヒメの逸話からあるように、古代の日本人は長期的な利益よりも短期的な利益を選び続ける傾向にある。醜女を娶るぐらいなら寿命を捨てるという鋼の意思が一貫している一方で、逆に見た目さえ良ければかなり寛容らしい。

 実際、ホオリノミコトの妻トヨタマビメの正体はサメだったが、出産した子供は一族に受け入れられている。信じられるだろうか。我々とシャークネード ラスト・チェーンソー4DXは遠い親戚の関係にある。ファイブヘッド・ジョーズや、ジュラシック・シャークも同様である。サメ側の血筋を遡ればメガロドンが祖先かもしれない。

 さらには、迷惑&腕力&迷惑のスサノオヤマトタケル怒りのデスロード、日本のジャンヌダルクこと神功皇后という、歴代バーバリアン狂暴衆が加わる。

「日本人はおとなしい」という認識は幻想にすぎないのだ。

 

 

ジェームズ・P・ホーガンのSF小説『星を継ぐもの』では、月で見つかった珍妙な死体の由来を、科学者たちが論理的検証の大冒険の果てに、地球人は祖先バーバリ・エイリアン真実へと到達する。この結末にわたしは身震いしたが、フィクションのため現実へと逃げ込むことが出来た。エイリアンなんてないさ、バーバリアンなんてうそさ・・・だが現実には、ROCKでパリピでバーバリアンで鮫だった。

 初めは絶望のあまりミロを三杯飲んだが、この回避不能の真実を少しずつ受け入れる事にした。これからは田んぼの畦道を破壊したり、鮫映画を心から楽しみ、事あるごとに「かーらーのー?」と合いの手を入れ、ギターはなるべく膝より下の位置で弾こうと思う。日本国の歴史の積み重ねの上に、現在の自分が存在するという事を改めて実感できた。

 

 

 

(つぶやき廃棄所)

『座高測定』は、"座高が高い"="内臓の発育が良い"という考えのもと、学校の健康診断で行われていたが、実際には特に意味がないとされ、2016年に廃止された。/

『イギリス』は、「イングランド」を指すポルトガル語「イングレス」が日本語なまりしたもの。ユナイテッド・キングダムをイギリスと呼んでいるのは日本だけ。/

時計の針を眺めていると、時間がなかなか進まない現象を『クロノスタシス/Chronostasis』という/

わ た が し を 発 明 し た の は 歯 医 者/

阿弥陀くじ』はもともと放射状の形をしており、それが阿弥陀如来の後光っぽかったのが由来/

『蚊の目玉』は中国に伝わる珍味中の珍味で、蚊を主食とする蝙蝠の糞から採れるとされ、漢方薬の材料にもなる。事実か都市伝説かは不明だが、中国ならありそう。/

週記7/29-8/4 古事記消化

f:id:omochic:20210805050215j:plain

友人:古事記良いよ!

自分:読むわ!

 

最近、ゲームと本で選び方が異なる事に気づいた。

 

ゲームソフト選びの際は、モノすごい美食家かぶれであるのに対し、本を選ぶ際は、雑食の傾向にある。PSストアのおススメ作品を見て「かようなゲームは朕の口に合わぬぞよ」と焚ゲーする貴族的一面のかたわら、「コジキ・シラナイ・オレ・ヨム!ドンドン(群れの皆に読書の意を伝えるドラミング音)」という森の中の一面が共存している。

自分の中で、”読書”は日単位・週単位を消費する高頻度・低負担の「軽い趣味」であり、”ゲーム”は月単位を消費する低頻度・高負担の「重い趣味」にあたるので、この重さの差が選定基準に現れている。

 

このスタンスの差から、自分は本を、ゲーム程に本気でしゃぶり尽くしていないという自覚があり、常々もったいないと思っていた。

そこで、読書の丁寧さをあげるべく、最近はノートを付けながら本を読んでいる。読むのは遅くなるが、理解が早まる。まさしく心のバケットホイールエクスカベーターよ。ノートのおかげで、知らない単語が高密度で出現する書籍を楽に掘り進められるようになったので、先月位から苦手だった歴史系の書籍にも手を出している。

読める読める。地図の世界史、作物の世界史、トラクターの世界史・・・どれも濃厚な読書体験だった。これは進歩にちがいない。脳内読書原人はついに火を得た。これまで食べると毒、あるいは消化に時間がかかっていたモノも、火を通す事によって、吸収効率の高い食事へと変貌を遂げる。とてもよい。

 

『なんでも食べてやるぜ。どんとこいよ・・・』ドンドン(己を鼓舞するドラミング)

そこへ投げられたのが古事記だった。学んだね、ノートに書く弊害を。

最近、薄々きづいてたけれども、この世にはビュティさんの居ないボーボボが結構多い古事記もその一つで、爆弾を食べさせられ爆死したキングドドンゴ的読書体験だった。 感想を書くにはもうちょっと消化時間がいりそう。

 

(つぶやき廃棄所)

『父の日』はアメリカ発祥の祝日。1909年、ソノラ・スマート・ドッドさんが父親の誕生日に礼拝を頼んだのがきっかけ。「母の日」があるならば、父親にも感謝する日が必要だと考えたらしい。 さらに遡れば、1908年のモノンガー鉱山の爆発事故の際に、一度、同様の礼拝が催されたとのこと。/

 

チェスボクシング』とは、1992年から始まった知的格闘技である。ボクシングで闘うラウンドと、チェスで闘うラウンドを交互に繰り返すという、パワー&インテリジェンスのバトルである。/

 

「ルビ(読み仮名)を振る」の『ルビ』とは、宝石の「ルビー/Ruby」が由来。活版印刷術が広まった当時、イギリスではフォントサイズに宝石の名を付けていた。読み仮名用の5.5ポイントサイズがルビーにあたる。/

 

『100万ドルの夜景』の100万ドルは一月あたりの電気代/

 

花火が打ち上がる際の『ヒュー』という笛みたいな音は、マジで花火玉につけられた笛から鳴っている。/

『ハンロンの剃刀』は、「世の中の事件の多くは何者かの"無能"によるものであり、そこに"悪意"を見出すべきではない」と戒めるネットミーム(心理学用語?)である。 誰かの大失敗を陰謀論に仕立て上げてはいけない。/