すごいニッチ手稿

この報告いる?

週記8/4-8/10 それは絶望ではなくて友情だと思う

TDDの風に触れてみて

 

1 このシリーズのファンはお気の毒様としか言えない

朝の習慣に「このシリーズの視聴」が組み込まれている人達にとっては、井戸に毒を投げ込まれたかたちと思う。強く生きて。

 

2 怒りの娯楽

人間ドラマを4分類した時

 a.良い人が→幸せになる
 b.良い人が→不幸になる
 c.不道徳な人が→幸せになる
 d.不道徳な人が→不幸になる

aとdは勧善懲悪を成すので、視聴者にとって喜ばしい。一方で、bとcは胸くそ話に他ならない。

TDD内のイベントは殆どbとcで構成されているため、怒りの感情のみ発生する。

ただ、それも良いかもしれない。何かに対し激怒するのも娯楽だと思う。
対戦ゲーム・ゴシップ誌・スポーツ鑑賞の界隈を見るに、彼らはキレるのを楽しんでいる節がある。

日常生活で抱えがちな「やり場のない怒り」にラベリングをして、TDDという廃棄物処理場に全力投棄するのも良いのではないか。


3 痕跡を追う娯楽

まだ科学が発達していなかった頃、人々は支離滅裂に思える自然現象の発生原因を寓話的に解釈した。

落雷は神の怒りで、やまびこは妖怪の仕業と言う風に、自分たちとは別の世界に住む者たちに思いを馳せる。

科学という一種の「答え」が無い世界には、現象の解釈に妄想の余地が有った。

TDDには、そういう楽しみがある。

Q.どうして時間が飛んだのだろう
A.きっと脚本家と揉めたに違いない

Q.なんか登場人物が全員狂っているように見える
A.きっと昭和ではこれが普通だったのさ

Q.なんであそこであんな食べ物が出るの
A.ダイスを振ってファンブルが出たんだよ

余白の多すぎる作品だからこそ、自由な解釈の翼をはためかせて行きたい。

 

 (つぶやき廃棄所)

『カイル』とは、昔のOfficeソフトに居たイルカの名前。2007年頃に絶滅した。

プロクルステスの寝台』とは、無理矢理型にはめる事を意味する故事成語ギリシャ神話に登場する拷問男プロクルステスは、旅人の背丈がベッドと同じになるように、旅人の体を切断したり伸ばしたりした 最後は、英雄テセウスの手で、逆にベッドに寝かされ、長さ調整のため頭部を切断され死亡した。

『チューリップ・クリーチャー』とは、カンブリア紀の謎生物「シファッソークタム」の通称。 花弁のような体表の下部に6つの口があり、上部に1つ肛門がある。

『ライデンフロスト効果』とは、液体をその沸点よりも遥かに高温なところに垂らした際に、接触面がすぐさま蒸発し、ホバークラフトめいて浮遊する現象のこと。 くっそ熱いフライパンに水滴を落とした時の振る舞い。

スタンダール症候群』とは、あまりに美しいものを見た際に、体が不調をきたす現象のこと。あまりに尊すぎて動悸や心神喪失する。 美しい……ヌッ!

『ザンダー錯視』とは、2つ並んだ平行四辺形の対角線が異なった長さに見える錯覚のこと。 なんとなく左の対角線の方が長く見えるが、右の対角線と同じ長さ。

週記7/28-8/3 実質反ミーム

安易にプログラミングに触れて脳を焼かれる事

VBAに触れてから、胸中にプログラミング学習への興味が首をもたげてきた。エクセルに爆発音を実装せしめた悦楽が、妖しい脳内物質の分泌を促したのである。

何かきっかけさえあれば、学んで見たいと思っていた。

 

 

先日、インディ・ジョーンズみたいな気分になった。

 

そして「あのプログラミング言語とかいう、ネットの裏に溢れる謎のアルファベット群の正体を審らかにしてやろう」などと意気込み、好奇心という名のトロッコに乗って、入門サイトのステンドグラスをぶち破った。あれは勇敢だった。

 

それからは……

やさしい日本語で語られる正体不明の意味不明に苛まれ……

脳細胞をしこたま焼かれて放流された……

まるでアブダクション後のような茫漠さを抱えながら……

夜が明けるまでYouTubuでゴリラがパンチで強化硝子を粉砕する動画を眺めていた……

 

しかし学びは有った。

自分は、プログラミングはもちろん、前提となるネットやコンピューターの仕様・成り立ちを理解していないと分かった。

あと、無闇にゴリラを怒らせてはいけない。

 

 

 

(つぶやき廃棄所)

『猫の指』は、前足は5本ずつ、後ろ足は4本ずつの合計18本である

『ボールペン』は「ボールポイントペン」の略

『タンブルウィード』とは、西部劇で転がりがちな草の玉。「絡み合って玉状になった枯れ草」を指す言葉であり、特定の植物の名前ではない。 たまに大群と化し、えらいことになる。

『アンモライト』とは、宝石化したアンモナイトの化石のこと。きれい。

『センメルヴェイス』とは、19世紀のハンガリー人医師。 「手を洗うと病気の予防になる」と気付いた賢すぎる人類である。 当時の医療界に「誰かを手術する前に、まず水で手を洗うべき」と訴えたが、狂人扱いされ精神病院に入れられた。

アイスランド共和国には陰茎専門の博物館がある。わお!

週記7/21-7/27 エクセリアン

「古典単語を学習するぞ!」と意気込んで、エクセル上に古典単語を打ち込んでいたら脱線も脱線し、いつの間にかVBAを学んでいた。ゆゆし。

 

1日目

エクセルの奥地には「マクロ」と呼ばれる秘術が存在し、それを使うには「VBA」という魔法の言葉を唱える必要があるという。

 

ためしに、その言葉の羅列を眺めてみたけども1ミリも解らない。この日は色々調べて、メッセージボックスの出し方だけ判った。

 

(この日のTweet

エクセルの神秘を使い、古典単語学習のための絡繰りをこしらえた。

ボタン”押し給えよ”をクリックすると、古典単語がランダムに超巨大表示される。

目に優しい。 また、左右に配置された明治紳士たちが、あなたの学習を見守ってくださる。これなら安心だ。

 

2日目

VBAの羅列を眺めていると、何となく意味するところが解ってきた。何やら色々できそうだ。

「これなら、爆発音ぐらい鳴らせるだろう」と思って調べてみると、案の定できた。

ボタンを押せば、古典単語が爆発音と共に現れる。これぞ、自分が求めたエクセル像、いとさうざうし。

 

(この日のTweet

なんと、昨日ご紹介した「古典単語エクセエル」がパワア・アツプいたしました。
具体的な成長は以下の通りです。
 
一. 古典単語の出現と共に爆発音が鳴ります
 ただし、連続再生には若干のインタアヴアルがございます
 
二. 赤斑さんのご指導の下、各ボタン表記を明治的仮名遣いに改めました
 
三. なんと、ボタン"答へを教へて欲しいかい"を押しますと、答えが解るようになりました。 じつのところ、これまでの仕様では同ボタンを押しましても「ぐぐりたまへよ」の一言のみで、ちつとも親切ではなかつたのであります。
 
四. もうお気付きの事と思いますが、黒を背景といたしました。
シアタアを髣髴とさせますね。 また、紳士二人は圧力過剰と感ぜられましたので、可愛らしいモダン・ガアルである「ワヴ子さん」を仲間に入れました。
 
サイコロで決めた家々に、躊躇いなく火を放つほどのお転婆娘だそうですよ。
 
 
3日目 
どうやら、画像をランダムな座標に移動させたり、角度や大きさを変えたり出来るらしいと知り、思わず適用。いといはけなし。
 

(この日のTweet

古典単語エクセエルに更なる機能が加わりました。
画面右下の「オテンバアル値」を設定すると、古典単語表示のタイミングで、ワヴ子さんが持ち前のお転婆さを発揮します。 0ならばまさに淑女小町。
これは猫をかぶつているに違いありません。
 
オテンバアル値が5~2億ですと、もう大変でございます。
ついにスピイドのみならず回転力さえ纏いまして、それはもうパンヂヤンダラムのような破壊力で、町中を駆け巡るしだいであります。

オテンバアル値が2億以上のワヴ子さん

 

4日目

まめまめしき身の上ならざれば、IFを用いた条件分岐の心うき事この上なく、ぐふぐるに、よりめでたき表記はあらずや、と問ふと、此れなり、とてselect case表記を賜ひき。


(この日のTweet

古典単語のランダム抽選機能の仕様を改善いたしまして、その結果、画面右側に町一番のハンサムを配置することに成功しました。名前を、捩原(よじげん)君と言います。

これまで、メツセエジウインドウで表示していた単語の意味を、これからは捩原君が教えてくれます。だんだん仲間が増えていきますね。 

 

 

 

 

(つぶやき廃棄所)

『リッカート尺度』とは、アメリカの社会心理学者 レンシス・リッカートさんが提唱した調査法。よく、アンケートで目にする何段階かの選択肢のこと。

番号を表す『No.』という表記は、元々、ラテン語で「数えると」という意味「Numero」を省略して出来たもの。 「ナンバー/Number」と読みはするが、その歴史はNumberという英単語より古い

『オシコーン』とは、キリン科動物に生えている特徴的な角のこと。毛と皮に覆われている。

『The Epic Split』とは、俳優のジャン=クロード・ヴァン・ダムさんが、並走する2台のボルボ社製トラックの間で、腕組みしながら股割りをする衝撃のCMのこと。つよい。

『タルパマンシー』とは、自分のイマジナリーフレンド(タルパ)と交流を図る行いのこと。チベット仏教に伝わる概念が、アメリカのネット上で普及した。 極めれば、脳内に棲むキャラが独立した人格を持ち、友人のように会話出来るようになるという。

『経済』は「経世済民」の略

 

週記7/14-7/20 俺々俺

 昨日の自分

今日の自分

明日の自分

 を別人としてみる。

日毎の就寝を境に、新しい自分が生成される。1ヶ月30名、1年365名のおれの群れがまろび出るのである。


365名のうち、約70名は読書家で、約80名はゲーマーである。約310名は雑学をTweetしており、365名全員がYOUTUBEニコニコ動画に浸かっている。

また、少数の明晰な俺々が、最新の健康情報や新たな啓蒙を得て、他のおれ人口に膾炙しようとするが、殆どのおれは怠惰党を支持しており、屁理屈をこねにこねては、有益な提案を憲法違反であると一蹴している。


 その証拠にこのカメラ映像を見たまえ。これは、おれ氏の自宅から最寄コンビニまでの500mを定点監視したものである。

 深夜、0時を過ぎた頃、黒々とした、夥しい巨体の群れがコンビニの光へと歩を進めているのが判るだろう。これは故郷を追われたビッグフット族の大移動じゃないんだよ。


ファミチキプリングルスを求め彷徨う、本能のみの、おれゾンビ達なのだ。


 




 

(つぶやき廃棄所)

『ケネス・アーノルド事件』とは、1947年にアメリカ人のケネスさんがUFOを目撃したと証言しマスコミを通じて話題となった出来事。 UFO=空飛ぶ円盤(Flying Saucer)のイメージが確立した。

『竜骨』とは、化石化した大型哺乳類の骨のこと。

スコヴィル値』とは、唐辛子の辛さを示す単位。 「その辛さを打ち消すために、どれだけの砂糖水が必要か」で計測される。 たとえば、タバスコは大体1200スコヴィルであり、これは砂糖水で1200倍希釈してようやく消える辛さを示している。 ハバネロは30万

『角』には2種類ある。 生涯で何度か抜け替わる角を「アントラー/Antler」といい、抜け替わらないもの「ホーン/Horn」という。 鹿の角はアントラー、牛の角はホーンにあたる。

シュリンクフレーション』とは、物価上昇のたびに、商品の内容量が減ってゆく現象のこと。実質値上げ。 そろそろキットカットが正方形に近づいてきた。

法輪寺 電電(でんでん)宮』とは、電気・電波を司る「電電明神」を祀る寺院。京都にある。 霊験あらたかなSDカードお守りが販売されている。

週記7/7-7/13 ゴリ押しヴァンパイア

血氣スキルが面白い

モンハンはHP回復手段がしょぼい

 

秘薬や回復薬という消耗品をわざわざこしらえて、せっかくの攻撃チャンス1回か2回を見送って回復する。出来れば回復なんかしたくないと思っている。

 

そのため、これまでの理想的な戦闘とは「敵の攻撃を全ていなし、こちらの攻撃を一方的に当て続けて勝利する」という

モンスターとのダメージのやりとりを完全に無視するものだった。

 

血氣スキルは、「与えたダメージの何割かを体力に変換する」というドレイン型の回復手段で、これはダメージレースでは大抵べらぼうに強い。調整をミスるとゲームバランスが爆発してしまう。

 

思い出すのは、テラリアのスペクター装備やヴァンパイアナイフ、ポケモンのビルドレ、ボダラン2のグロッグノズル、MTGでは堕落やアスフォデルの灰色商人・・・ご覧なさい犯罪者ばかりじゃないか。

 

事前情報の段階から、血氣スキルはどうせ弱いと思っていた。

「ドレインスキルなんていう物騒なモノを、ライズの運営が強く設定するはずがない。おそらくこれもPVを映やす為に作られた新要素だろう。インスタに上げたら即刻処分される憐れな寿司のような・・・」と歯牙にもかけずにいたが、使ってみれば意外としっかり機能することに気づいた。

 

発動条件の都合上、全く部位破壊の見込めない敵には無力を晒すけれども、通る相手に対しては「敵の攻撃をスーパーアーマー付きの技で受けつつ、血氣で体力を回復して被弾を無かった事にする」という、従来の狩りとは異なる豪快な立ち回りが出来る。これが新鮮で楽しい。

 

避けるべき攻撃が、避けなくて良くなるので、間接的に火力が向上する。特に、隙の少ないMRのモンスター達を剣士で相手するとなると、もしかすると、相手の攻撃が止むのを待たず攻めに転じるのが、今後のセオリーになるのかもしれない。

 

ライズの頃よりか、剣士武器が楽しそうで嬉しみ。

 

(つぶやき廃棄所)

『ハゲタカ』の頭に毛髪がない理由は、屍肉を貪る時に、獲物の体液が付着して雑菌の繁殖するのを防ぐため。 ちなみに、「ハゲタカ」はハゲワシとコンドルを総称する言葉で、種類名ではない。

 

ブルドッグ/Bulldog』のブルは、雄牛を指す「Bull」と同じ。 18世紀イギリスでは「牛いじめ」という謎の娯楽が流行した。そこで、牛をいじめる為に品種改良した殺牛犬がブルドッグである。 既にその種は途絶えており、現在のブルドッグは当時の品種を再現しようと努めたもの。

『Abbiocco/アッビオッコ』とは、「食後に来る眠気」を指すイタリア語

花言葉』は、19世紀ヨーロッパで流行った文化。1819年頃には花言葉辞典が出版されている

『エビフリャー』は「エビフライ」の名古屋訛りではなく、タモリさんが名古屋を茶化して作り出した造語

『エベレスト』の頂上では、水は70℃で沸騰する

週記6/29-7/6 もももんはん

モンハンサンブレイク、楽しませて貰った。

新モンスターと初めて戦う期待感を久々に味わい、既存モンスターに追加された未知の殺人行動に恐れおののきつつ、MR開放まで辿り着いた。

 

それが4日くらい前の話で、

現在はMR50まで上がり、緊急クエストのご立腹ラージャンの尻に決死の弾丸注入を成功させ、何とかMR70への旅路が開かれた。

この道程こそモンハンしてる感があり楽しい。

 

しかし、ビルドの幅が狭いように思える。

自分はボーダーランズディアブロに育まれ、FALLOUT76を故郷とするハクスラ常習者なので、ライズ・サンブレイクのビルド構築過程には若干の物足りなさを感じてしまう。周回効率を突き詰めると、ガンナー一択なのが悲しいね。

 

とりあえず、ナルガライトを作って、属性ライトを揃えて行こうと思う。

イブシマキヒコ周回のための炎属性ライトか、ラスボス周回のための雷属性ライトから作るのが良さそう。

 

 

(つぶやき廃棄所)

カーネル・サンダース像』をKFCの店頭に設置する文化は日本が発祥 カーネル・サンダース本人も大いに喜んだという

英語で水曜日を指す『ウェンズデイ/Wednesday』の「wednes」とは、北欧神話の「オーディン/Odin、Woden」のこと

お好み焼き』の切り方は、地域によって違う。関西は格子状に切りがち。

『カリッコリー』とは、ブロッコリーとカリフラワーの性質を併せ持つ。ロマネスコ」とも呼ばれる
『イライラ/苛々』の、イラとは植物に生えているトゲのことで、ちくちくしてうっとおしい様に由来する。 「イラクサ」は苛草と書く。
『足のない幽霊』が幽霊画の定番なのは日本のみ。江戸時代に「円山応挙」という画家が描いて広まった。

週記6/23-6/29 たかまる盲信力

新しいノートPCを購入

濃厚田舎民なのでPCの新調は通販でおこなった。軟らかパソコニストよる、たいへん浅い購入過程を告白する。

 

強いノートPCには2種類ある

 

価格.comのノートPCランキングで1位のもの

現時点での頂点捕食者みたいな高コスパ性能のPCが提示されている。

 

情報の激流うずまくネット上で

「いちばん良いノートPCちょうだい」「あいよ」

という最強シンプルな買い物ができるので、自分のような軟らかパソコニストには盲信に値する。

 

YOUTUBE検索「おすすめノートPC」で再生数が高いやつ

YOUTUBEはつよい

Amazonがモノに対するレビューサイトならば、YOUTUBEは情報に対するレビューサイトなので、高評価が多く・新しいものに間違いは少ない。

 

その上、動画投稿者の多くは動画編集用PCを持つ固ゆでのパソコニストだろう。そういった連中がはびこるサイトならば、特に「PC情報」については自然淘汰性が一層高まり、盲従するに憚りない情報が生み出されるような気がしなくもない。

 

今回は前者で購入

熟考2秒、音速のネットリテラシーであった。

 

 

(つぶやき廃棄所)

トイザらス/TOYSЯUS』の名前の由来は、「Toys are us.(おもちゃと言えば我々)」を省略したもの。

ダモクレスの剣』とは、海外の故事成語ディオニュシオス王の権力を羨んだ臣下ダモクレスは、王のはからいで特別に王座に座らせてもらえた。 初めは嬉しそうにしていたが、座の天井から細い糸で剣がぶら下げられているのに気付き、慌てて飛び退いたという。 王が王位の危うさを説いた昔話

『イギリス・ザンジバル戦争』とは、1896年にイギリスとインド洋のザンジバル保護国で勃発した戦争。開戦2分後の砲撃でザンジバルの王宮が破壊され、大体40分後に陥落した 「世界で一番短い戦争」としてギネス認定されている。 1ターンキゥ・・・

ウミサソリ』とは、オルドビス紀からデボン紀にかけて栄えた海棲生物。サソリとは関係なく、カブトガニに近い。特にシルル紀では頂点捕食者に君臨した。 案外でかく、種類によっては人より大きい。

『絹ごし豆腐』とは、絹でこしたかのようなキメ細かい表面の豆腐であり、製造過程で絹は用いない
 
『オスカー像』とは、アカデミー賞の副賞に送られる、騎士をモチーフとした像。 「オスカー」とは愛称であり、その由来も不明である。